产品展示
PRODUCT DISPLAY
产品展示您现在的位置: 首页 > 产品展示 > 其他设备 > 均质机 >日本SMT实验压力式均质机LAB2000

日本SMT实验压力式均质机LAB2000

访问次数:144

更新日期:2021-03-06

简要描述:

日本SMT实验压力式均质机LAB2000
圧力式ホモジナイザーは、処理液を安定した超高圧状態を作り出す加圧機構と均質化の効果を決定する均質バルブ機構
から成ります。均質原理は均質化されていないサンプル液(E)が、高圧且つ低速でバルブシート(B)に入り、圧縮
されてバルブ(A)に衝突します。調節可能であるバルブ(A)とシート(B)の狭い隙間へサンプル液が流れ出るに

日本SMT实验压力式均质机LAB2000
品牌其他品牌适用领域食品
物料类型其他适用物料食品
动力类型电动操作类型自动
外形尺寸60*90*40mm整机重量30kg

日本SMT实验压力式均质机LAB2000

 

圧力式ホモジナイザーは、処理液を安定した超高圧状態を作り出す加圧機構と均質化の効果を決定する均質バルブ機構

から成ります。均質原理は均質化されていないサンプル液(E)が、高圧且つ低速でバルブシート(B)に入り、圧縮

されてバルブ(A)に衝突します。調節可能であるバルブ(A)とシート(B)の狭い隙間へサンプル液が流れ出るに

したがって、速度が急激に増し、又相対して圧力が急激に低下し排出されます。マイクロセコンド単位で起こるこの集

中的なエネルギー移動によって、激しい乱流が発生し、間隙(D)から排出時に粒子が破砕・均質化されます。均質化

されたサンプル液(F)はインパクトリング(C)に衝突し、次工程に必要な圧力にて排出されます。またこの均質バ

ルブは 1 段式と2段式の 2 種類の方式があり、脂肪球の塊を破砕しなければならないような製品では、このバルブを

2 段で均質処理を行って使用する事により、二次凝集が発生する可能性をz小限に抑えることが出来ます。 

LAB1000 / LAB2000

日本SMT实验压力式均质机LAB2000

乳製品、食品化学、製薬、化粧品、バイオテクノロジー分野の研究機関を

特に対象として開発したコンパクトで汎用性のあるラボ機です

 

使用条件によりz大圧力1,000bar、処理量22ℓ/hのLAB1000と、z

2,000bar、処理量11ℓ/hのLAB2000の2種類のラボ機を用意しています。

このラボ機での乳化・分散、細胞破砕の結果は、量産機で完全に再現可

能です。しかも、実験室内においてLAB1000は高圧力1,000barまで

加圧でき、わずか150mℓの試料でテストが可能です。LAB2000において

は高圧力2,000barまで加圧でき、100mℓの試料でテストが可能ですの

で多品種のサンプリングが低コストで行えます。LAB1000・LAB2000を使

用する事により既存製品の改良、新製品の開発を推し進める上で必要な、

均一で微細な平均粒子系の乳化、分散が可能になります。

 

留言框

  • 产品:

  • 您的单位:

  • 您的姓名:

  • 联系电话:

  • 常用邮箱:

  • 省份:

  • 详细地址:

  • 补充说明:

  • 验证码:

    请输入计算结果(填写阿拉伯数字),如:三加四=7
联系方式
  • 电话

  • 传真

在线交流